英会話スクールや留学で英会話を学ぶ

会話

eikaiwa

英会話とは、英語を利用して会話を行う事です。この英会話はグローバル化の進む日本において、非常に重要なスキルのひとつとなっています。
なぜなら、英語は共通言語として利用される事が非常に多く、国際的な集まりの場でも英語が最もよく利用されます。
その事から、各国では第二言語として英語教育を行う事も多く、日本でも2011年より小学校5,6年生に週1回の外国語活動が必修化されています。

しかし、そうした事があっても日本英会話能力というのは非常に低い水準となっています。
そのことは、英語能力試験の1つであるTOEFLのアジアの国別スコアランキングで証明されています。
2010年度のTOEFLスコアのアジア国別ランキングにおいて、日本は平均点70点であり、30ヶ国中27位という非常に低い結果になっているのです。
英語での会話能力が低い日本では、必然的に英語での会話が可能な人材というのは少なく、英会話は1つのスキルとして非常に重宝されています。

差異

英語での会話能力と、英語の読み書き能力は全くの別物となります。
読み書きの場合では、書いてある文章を時間をかけて読み取る事が出来る上、考えている事を整理した上で、時間をかけて文章を作り書くという事が出来ます。
しかし、英会話の場合にはそうした事が出来ません。
英単語を読み意味を理解するという力があっても、それを聞き取るという力を持ち合わせていなければ、どれだけ単純な会話でも理解する事が出来ません。
さらに、会話の場合では文章と違い、発せられた言葉を間違えずに聞き取った上で意味を理解するという必要があります。
そして、自分の言葉を会話の相手にきちんと伝えるという事も重要になります。
文章で伝えるという場合とは違い、会話では発音も正しく行う必要があり、その発音方法というのも日本語にはない独特の手法も非常に多いのです。
そして、発音が違えば伝えようとしている単語も相手には、違う意味の単語として伝わってしまうという事もあるのです。
それ故に、読み書きとは違った能力というのが英会話では必要になります。

テスト

school

英語の能力や英語を用いたコミュニケーション能力をはかるテストが幾つか存在しています。
特に有名なテストは3つで1つが「TOEFL」と呼ばれる英語圏にある大学へ留学等をする場合に必要となるテストや、TOEICと呼ばれる英語を第一言語としない人を対象にした国際コミュニケーション英語能力テストや、英検と呼ばれる実用英語技能検定等があります。

上記のテストのスコアや、検定の級によって就職の際に有利に働くという事もあります。
英会話スクール等で英語での会話能力を身につけた上で、テストで優秀な成績を収める事によって、自らの就職に有利に利用するということも出来るため、スクールの存在というのは非常に大きな物となっています。



英会話をスカイプを使って修得するならここ| aim-talk – エイムトーク
子供に英会話を教えるなら|リップルキッズパーク

マンツーマンレッスンがお得に受けられるなんばの英会話教室といえば|エイム